Sophia Clarus ONLINE STORE

2020/03/22 19:17



雲の糸



雲からのびてきた糸はずいぶん細く長く
キラキラ光っているのは月明かりのせい
結んで小さな節を作ったら
それに足を引っ掛けて少しずつ空に登ってみる
果てしなく果てしない遠い道のり(に思える)
近づいたの?
高くなったの?
どこまで来たの?
時々こどものクモが降りてきては
遊ぼうと言ってきてますます道のりは遠くなる(気がする)
でもすべてはずっと過程
始まりも終わりも実はないから、
ただ登り続けることだけ考えることにした

..................................................................................................

キラキラ光る糸の巻きついた小さなハサミです。

- 大きさ:長さ10.5cm、幅4.5cm
- コンディション:デッドストック(未使用品です)。フランス製。

.................................................................................................................................................


可能性のたまごと不可能なプレート(ブルーライン入り)



たまごとプレートがあればそれは最強だけど
なかったらどちらかずつでもいい。

「可能性のたまご」って絶対割れない時があって
しないほうがいいことについて問いかけると
中身を見せてくれないんだよね。

もちろんゴーサインのものには
キレイに割れて、みずみずしい破片を見せてくれるんだよ。

それはプレートもおんなじで
「不可能なプレート」は器が大きい、なんていうけれど
ダメなものはやっぱりのせられないんだ。
年月の経っているプレートの方がいいよ。
経験がたくさんあるからね。

わからないことは尋ねてごらん。
自分にぴったりのことならば
とびっきりおいしいオムレツが出来上がるから。

.................................................................................................................................................

Arabiaのヴィンテージプレートと擬卵の組み合わせ
Arabia / プレート
- 大きさ:直径18cm
- メーカー:Arabia
- 年代:1932 - 1949
- 状態:大きな傷などはなくツヤもある程度しっかりあります。小さな傷、スレ等はユーズド品としてご考慮ください。

擬卵
- 大きさ:直径約4cm(最大)、長さ5cm
- 素材:石膏
- 状態:小さな傷、汚れ等はユーズド品としてご考慮ください。

.................................................................................................................................................



米田知子 「暗なきところで逢えれば」



自分の目を当てにしないようにするとたくさんのものが見えてきます。あるいは聞こえてくるし感じられます。それ自体を知っていようがいまいが、本来受け取ることができます。時に知識は自分の受け取りを鈍らせ、情報は聞き取ることを遮ろうとします。自分が今面と向かっている景色がいったいどのようなものであるのか、できるだけピュアに触れ合いたい。しかしまた、素でいようとするのと同じくらいに混沌とした中に入っていくことも、それがこの世界の姿であるならば、なくてはならないものだと思います。

.................................................................................................................................................

'暗なきところで逢えれば' / 米田知子
2013年 
出版社:平凡社
サイズ:24.6 x 19.2 x 2.4 cm
179ページ 

コンディション:帯なし。カバー上下端少し擦れありますが、ほか目立った傷等なく、良好な状態です。

東京都写真美術館の写真展カタログ。過酷な歴史を持つ土地を訪れ、静謐な美しい風景を写し取る手法は、近年非常に注目されている。サハリンなどで撮影した新作も多数掲載。

内容(「BOOK」データベースより)
アジアで、そしてヨーロッパで、過酷な歴史をもつ土地に折り重なる、かつて生きた人々の記憶。そしていま、穏やかに流れる時間。清澄さのなかに悲しみを、寂寥のなかに勁さを、そして災禍のなかに密やかな希望を見出す、国際的に活躍する気鋭の写真家の代表作を収めた写真集。東京都写真美術館展覧会公式カタログ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
米田知子
兵庫県生まれ。ロンドン及びヘルシンキ在住。1989イリノイ大学シカゴ校芸術学部写真学科卒業。1991ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(ロンドン)、写真科にて修士課程修了。1995オブザーバー・デヴィッド・ホッジ・メモリアル・トラスト・アワード(ロンドン)、第3位。1996フューチャー・ヴィジョン、ザ・フォトグラファーズ・ギャラリー(ロンドン)、第2位。2006IPRN EUカルチャー2000チェンジングフェイシズコミッション(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

.................................................................................................................................................


Tim barber 「Blues」(サイン入り)



青写真(あおじゃしん、英: cyanotype)は、サイアノタイプ、日光写真ともいい、鉄塩の化学反応を利用した写真・複写技法で、光の明暗が青色の濃淡として写るためこう呼ばれる。非銀塩写真の一種である。
工学史上、機械図面や建築図面の複写(青図、blueprint)に多用されたため、「設計図面」の意味で使用されるようになり、また、これから転じて、将来の計画などを指して「人生の青写真」あるいは「組織改革の青写真」などと言うこともある。
(Wikipedia)

青写真で描かれたのは何か。
わたしは何を描いていたのか。
あなたは何を描いていましたか。

.................................................................................................................................................

'Blues' / Tim barber 
2015年 
出版社: agnes b
サイズ:25.5 x 20 cm
80ページ 

コンディション:表裏表紙、経年に伴うスレ汚れあり。小口上部、下部角に小さな凹みあり。そのほかは特に目立った傷なく、中はとてもキレイです。

アメリカの写真家 Tim Barber(ティム・バーバー)のagnes bで開催された展覧会「blues」展に併せて刊行された写真集。iphoneで撮影した画像をサイアノタイプと呼ばれる技法でプリントした、美しい青色の連続。

.................................................................................................................................................

.................................................................................................................................................