Sophia Clarus ONLINE STORE

2020/09/17 00:03



tiny message in a bottle:小さな伝言




浜辺に打ち上げられたボトルには手紙が入っている。
会ったこともない誰かとメッセージのやりとりをしている。
わたしもまたボトルを海に流し、
それは忘れた頃に返事となって帰ってくる。

ついこの間、あまり見かけないボトルを拾った。
そのボトルの中にはいつもの手紙ではなく、
小さな小さな瓶がいくつも入っていた。
そしてそれぞれの瓶の中には
さらに小さなメッセージが入っていた。
一体これは誰に届けるものなのだろう。


.................................................................................................................................................


とても小さな秤量びん?の中に、小さなメッセージが入っています。
蓋には、小さな糸玉がくくりつけられています。
小さなメッセージは小ささにちなんだ6種類。
どんなメッセージが送られてくるのか、
それはお楽しみに。


- 直径1cm、高さ3.5cm
- コンディション:ヴィンテージ、日本

メッセージ
- トレーシングペーパーに小さなメッセージが記されています


.................................................................................................................................................

Who am I:わたしは誰でしょう




鏡にうつっていたのは、わたしではなかった。
とてもよく似ていたからわたしだと思っていたけど、
ようよう見ると「わたし」だと思い込んでいた
違う人だった。
鏡の人は、わたしが思いそうなことを思い、わたしがやりそうなことをやっていた。
わたしが好きだと思うことを好きだといい、わたしが嫌だと思うことを嫌だと言っていた。
しかし、ほんとうのわたしはどうなのか。
思い込みの中の(鏡の中の)わたしではなく
ほんとうのわたしを見つけるには
どうしたらいいのでしょうか。


.................................................................................................................................................


鏡と小さな小さなお人形のセットです。
お人形は以前も登場したウォーリードール。


- 縦14cm、横20cm
- コンディション:ヴィンテージ、目立つような傷はなく、良い状態です。日本。

人形
- 高さ3cm


.................................................................................................................................................


What is your favorite food?:ボウルの好きなもの




"この子をよろしくお願いします"
そう書かれたメモと一緒にある朝玄関に置かれていたのは
このガラスボウル。
ボウルが…?と思ったが、手にとって、気づいた。
オオヤマネコがボウルには刻まれていたから。

それからこのボウルとの生活が始まった。
カラフルな食べ物を入れると嬉しそうにすること、
お湯より水で洗ってほしいこと、
できれば1日一回は登場させてほしいこと、、などなど
少しずつボウルについて知っていった。
よろこんでいるとガラスのピカピカが増し、ちょっと不本意だと、そのガラスが曇り気味になる。
ひとつひとつ様子を見ながら付き合って、
今では結構仲がいいはずだ。


.................................................................................................................................................


RIIHIMAKI(リーヒマキ)のガラスボウル。

- 直径17cm、高さ7cm、底直径8cm
- コンディション:ヴィンテージ、長年の使用における小さな傷が全体的にあります。フィンランド。


.................................................................................................................................................


A cup of magic:魔法と聞いて思いつくものは




「特別な魔法をかけてあげよう」
教会の入り口で長い間座っていた老人は、わたしに小さな包みを手渡そうとした。
「願いをひとつ唱えながらこのお茶にお湯を注ぐといいよ」
よくある話だなぁ、とわたしは思ったけれど、彼の手の指が7本あったのがちょっと不思議で、まんまとその包みを受け取った。
「そしてこのカップも必要なのさ」
彼のもう一方の手からは、ガラスのカップが出てきた。
それはごくごく普通のカップだったが、よく見るとカップは手から浮いていたから、たしかに魔法がかかっているのかもしれないな、と思うことにした。


.................................................................................................................................................


ガラスのカップと小さな布に包まれたハーブティーのセットです。
ガラスのカップは温かい飲み物も入れることができます。
(熱湯はお避けください)
プラスチックの持ち手が付いています。

小さな布で包んだ1杯分のハーブティーおつけいたします。
布は端をグズグズ…と縫いました。
ミニハンカチとしてお使いいただけます。

カップ
- 直径7cm、高さ8.5cm
- コンディション:ヴィンテージ、特に目立った傷等はなく、良い状態です。スウェーデン。

ハンカチ
- およそ17cm四方
- 素材:麻


.................................................................................................................................................